歯がグラグラする~歯周病~

多くの人が悩まされてしまう~歯周病~

歯周病は、歯ぐきの炎症から始まり、悪化させてしまうと歯を支える顎の骨を溶かし、やがては歯が抜け落ちてしまう病気です。プラーク(歯垢)の中の歯周病菌がおもな原因の感染症で、日本の成人が歯を失う原因の第1位でもあります。広く蔓延(まんえん)している病気で日本の成人の約8割が歯周病または歯周病予備軍といわれています。

歯周病も虫歯同様、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。そのため気づいたときにはかなり進行しているといえます。歯ぐきの腫れや歯ぐきからの出血がありましたら、お早めに寝屋川市の歯医者、西岡歯科クリニックにご相談ください。


歯周病は全身に影響を与える怖い病気です。

お口の中だけの病気だと思われがちな歯周病。実は全身疾患との関連が指摘されています。

心疾患

細菌(歯周病菌を含む)が血管に入ると血栓を形成することがあります。この血栓が原因となる病気(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など)を招くことがあるのです。

肺炎

唾液に含まれる歯周病菌が誤って気管から肺に入り込むと、誤嚥(ごえん)性肺炎を起こすことがあります。


糖尿病

糖尿病と歯周病には相互関係がみられ、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化することがあります。その反対に一方の改善が見られると他方も改善していることがあるのです。

早産・低体重児出産

歯周病菌は子宮の筋肉に影響を与えてしまうことがあります。そのため、不適切な時期の筋肉収縮による早産や低体重児出産のリスクが高まります。


こういう方は注意してください!

感染症である歯周病。歯周病は生活習慣病のひとつといわれています。直接の原因は歯周病菌といえますが、次のような生活習慣がある方は歯周病にかかるリスクが高いので、注意しましょう。


タバコを吸う

タバコの煙に含まれる有害物質がさまざまに作用し、歯周病のリスクを高めるといわれています。

間食が多い

間食が多いと口の中が長時間汚れたままになり、歯周病などの細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。


食べるとき、よく咬まない

お口の自浄効果がある唾液。咬む回数が少ないと唾液が十分に分泌されないので歯周病菌が繁殖しやすくなります。

ストレスをためている

ストレスや疲労をためていると免疫力が低下するので、歯周病菌を含むあらゆる感染症にかかりやすくなります。


今すぐ歯周病をセルフチェック

歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどありません。あなたは大丈夫ですか? セルフチェックしてみましょう。当てはまる項目がありましたら、チェックボックスにチェックをしてください。

歯ぐきから出血することがある
歯ぐきが赤く腫れている
朝起きたとき、口の中がネバつくことがある
口臭がきつくなった
歯が前より長くなったように見える
歯ぐきがムズムズする
歯ぐきから膿がでる
歯がグラつく

歯周病の症状と治療・処置

歯周病の進行段階とそのおもな治療や処置についてご紹介します。患者様のお口の状態により複数の治療法を併用することがあります。

歯肉炎・軽度歯周炎
症状 処置・治療
ブラッシング指導 スケーリング
毎日のブラッシングは歯周病の治療や予防に欠かせません。患者様一人ひとりに合わせたブラッシング方法を指導します。 「スケーラー」という専用器具を使い、毎日のブラッシングでは落としきれない歯周ポケット内や歯と歯の間のプラークや歯石を取り除きます。
歯ぐきに炎症が起き始め、ブラッシングのときに出血したり、冷たい物がしみたりすることがあります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)が少し深くなります。
中等度歯周炎
症状 処置・治療
ルートプレーニング フラップ手術
「キュレット」という専用器具で、歯周ポケットの深い部分に付着するプラークや歯石を取り除き、仕上げにその表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。 局所麻酔を行い、歯肉を切開し、歯根を露出してからプラークや歯石、感染部位を除去します。そして歯肉を縫合します。
歯周ポケットがより深くなり、炎症が進行し歯を支える顎の骨にまで達した状態です。歯が軽くグラつき、歯ぐきが腫れて出血がみられ、歯が浮く感覚や口臭が現れます。
重度歯周炎
症状 処置・治療
GBR エムドゲイン法
エムドゲイン法と同様に、歯周組織再生法のひとつです。歯周病で失われた顎の骨の部位に人工骨や自分の骨(自家骨)を移植し、骨の再生を図ります。 歯周病感染部位を切除したあと、「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導剤を注入し、歯周組織の再生スペースを確保し、歯肉を縫合します。
歯を支える顎の骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯がグラつき、膿が出て、ひどく痛み、口臭がきつくなります。さらに悪化すると歯が抜け落ちてしまうことも。

院長からのアドバイス

歯周病は今からすぐに減らすことができます。歯周病菌をお口からきれいに取りのぞき、病気併発のリスクを下げることを心がけましょう。お医者さんは平均寿命を延ばし、歯医者さんは健康寿命を延ばします。病気に苦しむNNK(ネンネンコロリ)ではなく、元気に長生きするPPK(ピンピンコロリ)できる人生を選びましょう。

歯周病は早期発見・早期治療が大切です「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れている」「歯がグラつく」そんなときはお早めに西岡歯科クリニックにご相談ください 電話番号:072-821-0111