インプラント治療で生活の質を高めるための4つのこだわり

インプラント治療で生活の質を高めるための4つのこだわり

虫歯や歯周病などの病気や事故などで歯を失ってしまった場合に、歯の機能を補う治療として現在、もっとも注目されているのがインプラント治療です。治療法としては、歯を失った顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を取りつけることで歯の機能を取り戻します。

インプラント治療を施すことで天然歯と同様の噛み心地を手に入れることができ、歯が抜けたままの状態と比べて食事やおしゃべり、運動といった普段の生活における“生活の質”を高めることができます。こちらのページでは、寝屋川市明和の歯医者「西岡歯科クリニック」が監修する【インプラント治療・補綴治療ガイド】のインプラントへのこだわりについてご紹介します。

当院のインプラント治療への4つのこだわり

  • こだわり1説明
  • こだわり2設備
  • こだわり3早さ
  • こだわり4インプラント体
その1:「説明」へのこだわり

その1:「説明」へのこだわり

インプラント治療の内容とメリットを十分に理解していただくために、当院ではまず患者様への「説明」に力を入れています。症状や治療内容の説明には、最新機器を駆使。口腔内の状況をわかりやすいアニメーションで紹介する「メドバイザー」などのソフトや「3Dプリンター」で作製した患者の歯の模型で治療内容について詳細にご説明します。

また、患者様のご要望にそった治療のご提案を心がけており、複数の治療の提案を行うことによって患者様がもっともよいと思う治療を選んでいただけるスタイルを採用しています。決して「この治療を行うしかありません」という提案は行いませんので、ご安心して診療にお臨みください。

POINT 当院では必ずしもインプラントをおすすめするわけではありません

POINT 当院では必ずしもインプラントをおすすめするわけではありません

歯が抜けた際にその機能を補う治療として人気のあるインプラント治療ですが、当院では必ずしもインプラント治療をおすすめするわけではありません。患者様のご要望をうかがい、場合によっては入れ歯治療の方が適切だと判断する場合もございます。その際は入れ歯治療の方がなぜいいかについて詳細にご説明しますので、ご安心してください。

また、患者様のご希望になるべく添う治療を行いたいと考えているので、必ず複数案の治療法をご提案します。当院では必ずしも「欠損=インプラント」とは考えておらず、一人ひとりの患者様に適した治療を施すことを重要視しています。

その2:「設備」へのこだわり

当院では、患者様に最適な治療をご提供できるように最新機器を完備しています。ただし、デジタル技術を駆使した最新鋭の設備が整っているだけでは適切な治療は行えないとも考えています。そこで当院が目指しているのは「アナログとデジタルの融合」です。

その2:「設備」へのこだわり

当院では便利な歯科用のシステムをしっかりと使いこなしつつ、一人ひとりの患者様に向き合い、適切な治療をご提供する“確かな眼”ともいえるアナログ技術も重視しています。どんなに技術が進歩したとしても、患者様と向き合い治療を提案・実施するのは私たち歯科医師です。そのため、歯科医師の判断・経験に基づくアナログ技術は重要であり、そうした能力が充実した設備の機能を一層引き立てると考えています。

アナログとデジタルが融合してこそ真価を発揮し、患者様にとってよりよい治療を行えるのです。以下では、当院のデジタル技術を駆使した最新の機器をご紹介します。

穴を開ける際の精度を高める「サージカルガイド」

穴を開ける際の精度を高める「サージカルガイド」

インプラント治療を行う際に、専用のドリルを使用して顎の骨に直径約3~5mm、深さ約8~12mm程度の穴を開けます。その際にドリルの位置や深度、角度などを正確に導く器具が「サージカルガイド」です。
サージカルガイドを活用することで、顎の骨に治療計画に沿った正確な穴を開けることができます。また、ドリルのぶれなどのテクニカルエラーが起きにくくなるので、安心して施術にお臨みいただけます。

骨を削らず穴を広げられる「大口式スプリッター」

骨を削らず穴を広げられる「大口式スプリッター」

当院では、顎の骨を開ける際にドリルを使用しないケースがあります。極細の針「大口式スプリッター」を用いることで、骨の表面にわずかな穴を空け、その穴を少しずつ広げながら人工歯根を埋入する、骨を削らない方法も選択することもできます。その治療法が「大口式インプラント」です。

立体画像による断面図を撮影する「歯科用CT」

立体画像による断面図を撮影する「歯科用CT」

歯科医療に特化したCT装置です。口腔内や顎の骨の断面図を立体画像が得られます。従来のレントゲンの平面画像に比べて神経や血管の位置を正確に把握することができます。
特にインプラント治療のような精密な治療計画の立案が必要なケースには不可欠な機器です。また、患者様にモニター上で口腔内の説明を行う際も、立体画像を駆使することでよりわかりやすく説明を行うことができます。

超音波で痛みを抑えて切削する「ピエゾサージェリー」

超音波で痛みを抑えて切削する「ピエゾサージェリー」

超音波医療機器「ピエゾサージェリー」を使用することによって患部を痛みなく切削できます。サイナスリフト法を採用した際には、安全に上顎洞底部を持ち上げて隙間を作れます。施術時間も約5分とかなり短い時間で行えるので、患者様への負担も大幅に軽減されました。

麻酔針注入の痛みを抑える「表面麻酔」

麻酔の際に針が刺さる痛みを軽減するために、当院では「表面麻酔」を採用しています。麻酔液を打ち込む前に表面麻酔を塗布することで、針が刺さった際のチクッとした痛みを抑えることができます。

その3:「早さ」へのこだわり

患者様とお話をする中で、「早く治療を終えたい」という声を多く耳にします。そういう方には、歯を抜いたその日にインプラントを埋入する手術法である「抜歯即時インプラント」が最適です。患者様によって個人差はあるものの治療期間は格段に短くできます。

その3:「早さ」へのこだわり

また、抜歯をした際にすぐにインプラントをいれないと退行性萎縮がおこり顎の骨が細くなってしまう現象が起こりますが、抜歯即時インプラントならば骨吸収を最小限に抑える効果が期待できます。そして、腫れや痛みがほとんどなく、余分な麻酔や粘膜剥離などの手術に伴う負担が少なく済むというメリットもあります。

インプラント治療は通常、半年から1年の期間を要します。患者様にとって治療が長引くとストレスになることも。そのため当院では、骨が再生する場所を予想し、最適な場所にインプラントを埋入することで早く治るように心がけています。そのほかにも骨が短い場合や骨が細い場合など患者様に合わせてソケットリフトや大口式インプラントなどの治療法を導入し、幅広い患者様のご要望に合わせたインプラントをご提供できるようにしています。

当院での抜歯即時インプラントの症例

その4:「インプラント体」へのこだわり

その4:「インプラント体」へのこだわり

皆様はインプラント体(人工歯根)についてご存じでしょうか? インプラント治療は人工の歯冠を支えるためにしっかりとした土台を埋入することが非常に大切です。顎の骨に密着して人工の歯冠がずれないように支えるインプラント体はまさに“縁の下の力持ち”的な存在と言えるでしょう。

インプラント体は顎の骨に埋入されるだけに健康に害のないものを取り入れたいと考えるのは当然です。当院では、認可が下りていないインプラント体は絶対に採用しておらず、信頼のおけるジンマー社とノーベル社のインプラントを厳選して採用しています。

特に日本人は骨が細いので、どのインプラント体にするかは非常に重要な選択です。まだ100年にも満たないインプラントの歴史の中で「これが確実」というものはまだありませんが、日々進歩を続けている中で少しでもいいものを選んでご提供することは義務だと考えています。

また、抜歯した後に欠損箇所を回復しようとする体の機能を邪魔しないインプラント体の埋入も重要です。たとえばインプラント体の変わりにくぎをいれたら体は「異物」と認識し、その周囲には痛みや炎症が起きます。体にとって異物と判断されない安全なインプラント体の選択と埋入の技術が不可欠といえます。

当院ではインプラントオーバーデンチャーを取り扱っています

当院ではインプラントオーバーデンチャーを取り扱っています

 当院がある寝屋川市明和はご高齢の方が多く住まわれている地域です。特にご高齢の方にはインプラントの技術を義歯に活用する「インプラントオーバーデンチャー」をご提案させていただいています。

インプラントオーバーデンチャーは入れ歯の外れやすいという悩みを解消する技術です。1本か2本のインプラントを埋入し、そのインプラントを留め具に義歯を固定します。そうすることで既存の義歯も使え、さらに入れ歯で起こりがちな外れやすさや噛み心地のなさを同時に解消することができます。

施術には、サージカルガイドを使用して安全に行いますのでご安心ください。また、ロケーターとよばれるゴムを使用することで通常の入れ歯を市販の安定剤を使用したときよりも、安定感を高めることができます。