クオリティの高い技工物のご提供を目指して……

患者様によってお悩みの症状や治療に対するご要望は大きく異なります。また、治療に必要な詰め物や被せ物などの技工物も、患者様一人ひとりに合わせてオーダーメイドで作る必要があります。

寝屋川市の西岡歯科クリニックでは、精度の高い治療を行うために院内に歯科技工士が常駐する技工所を併設しています。補綴物(ほてつぶつ)が必要な場合は歯科技工士が治療現場に立ち会い、歯科医師と連携を図って患者様へのご説明や技工物の調整を行っているため、より患者様一人ひとりに合った治療が実現するのです。

さらに、技工物の作製には品質の保証された材料だけを使用することで、安心・安全で満足度の高い治療をご提供できます。詰め物や被せ物などについてご質問などありましたら、お気軽におたずねください。

院内ラボがあるメリット

歯科技工の流れ

院内に技工所があるメリット

院内に歯科技工所を持ち、プロ同士が協力体制を取ることで、他院にはない大きなメリットが得られます。

綿密な連携が可能

使い心地のよい詰め物や被せ物を作るためには、患者様・歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士がきちんと治療の内容や目的を理解して相互に連携することが重要です。当院では歯科技工所を院内に併設することで、治療に関係するすべてのスタッフが密接にコミュニケーションを取ることができるため、患者様に安心・安全な治療をご提供できるのです。

作製時間の削減

多くの歯科医院は提携している院外のラボに技工物の作製を依頼しているため、詰め物や被せ物ができあがるまでに数日を要します。当院では、院内に歯科技工所を併設することで技工物の作製にかかる時間を短縮させるとともに、患者様と歯科技工士が直接コミュニケーションをとることで、迅速で精度の高い対応を可能にしています。

トラブル時も即日対応

トラブル時も即日対応

当院では、常駐する歯科技工士が直接患者様のお口の状態を確かめた後、技工物を作製します。このため、患者様の歯により近い自然な色や質感が実現できます。万が一トラブルが起こった場合でも即日対応で調整できますので、短期間で美しく違和感のない歯に仕上げることができるのです。

  • ページの先頭へ戻る

金属の技工物の制作の流れ

西岡歯科クリニック内に併設された歯科技工所は、品質の高い材料を使って患者様一人ひとりにクオリティの高い技工物をご提供する歯科技工の専門家集団です。

今回はその中でも金属の技工物を制作する際の流れをご紹介いたします。普段気にする事のない技工物の制作過程にはここまで人の手が加わっております。
高い技術をもった歯科技工士がアナログな手法ではございますが患者様に満足していただける技工物を丁寧に作りあげていきます。

STEP01. 模型制作

真空練和機を使い歯型に石膏を流し込み、患者様のお口の中の模型を作ります。

STEP02. ワックスアップ

出来上がった歯型の石膏模型にワックスを少しづつ乗せていくことで被せ物のモデルをつくっていきます。

STEP03. 鋳造

ワックスアップした被せ物のモデルを石膏内に埋没させ、高温で熱することでワックスを溶かし、その中に金属を流し込むことで金属の被せ物の形を作ります。
※動画は高温で熱した石膏内に遠心力を使って金属を流し込む昔から行われている最もオーソドックスな方法の一つです。

STEP04. 研磨

鋳造で出来あがってきた詰め物はまだ真っ黒で表面も粗いです。
それを技工士による熟練の研磨技法で人の顔が映るようになるまでみがきあげます。

完成

よく噛める!インプラント治療への当院のこだわり

安心・安全がモットー 補綴治療へのこだわり

西岡歯科クリニック併設 「DentalSide-N」のご紹介