最適な技工物を提供するための4つのこだわり

歯を失った際にその機能を詰め物や被せ物によって補う治療を補綴治療と言います。虫歯や事故などによって大きなダメージを受けて歯を失った時に、「かぶせ(差し歯)・ブリッジ・入れ歯」を施すことで機能を補ったり、歯周病などで歯を失った時に人工素材(入れ歯)を使って歯並びや歯の形を復元したりすることが主な目的です。また、見た目や噛む機能はもちろん、発音なども含めた「歯の本来の機能」を回復することを目指した治療といえます。

こちらのページでは、寝屋川市明和の歯医者「西岡歯科クリニック」が監修する【インプラント治療・補綴治療ガイド】の補綴治療へのこだわりについてご紹介します。当院では、数ある選択肢の中から、患者様に最適な治療を厳選してご提案しますので、歯を失ってしまった場合はすぐに当院までお越しください。

当院の補綴治療への4つのこだわり

  • こだわり1 素材
  • こだわり2 技工物
  • こだわり3 アナログ技術
  • こだわり4 CAD/CAM技術

当院では、一人ひとりの患者様のご要望をかなえた治療を行うために、「素材」「技工物」「アナログ技術」「セレック」の4つのこだわりを持って補綴治療を行っています。以下ではそれぞれのこだわりについてくわしくご説明します。

その1:「素材」へのこだわり

補綴治療を受けた後は、詰め物や被せ物が常に患者様の口腔内にある状態になります。そのため、患者様には自分のお口の中に何が入るのかを知る権利があり、また知っておくべきであるといえるでしょう。近年、金属の価格が高騰していることもあり、価格帯を抑えた素材を提供している歯科医院が増えている中、当院ではご提供する素材に特別なこだわりを持っております。

その1:「素材」へのこだわり

人のお口の中は千差万別であり、口腔内の環境は日々変化していきます。奥歯には硬い素材が求められ、前歯の素材には審美性が問われるというのも一般論に過ぎません。当院では、患者様にとってどの素材がもっとも適しているのかをトータルで考えてご提案します。以下が当院でご提供している補綴物の素材の一覧です。

素材一覧とそれぞれの特徴

セラミック セラミック

陶器の一種であり、金属酸化物を高温で熱処理することによって焼き固めた素材です。白く美しく硬度が高くて耐熱性がありながら金属より軽いため、歯科技工物としても高い人気があります。

CADCAM冠 CADCAM冠 セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた素材で作られた差し歯です。自然で美しい透明感と優れた衝撃性を持っています。黄ばみや汚れがつきにくく、箇所によっては保険診療が適用されます。
ジルコニア ジルコニア 人工ダイヤモンドとも呼ばれるスペースシャトルの外壁に使われるほどの強度を誇る素材です。金属と同程度の強度のほかにも、審美性・耐熱性も高く、歯科業界でも注目を浴びています。
e-max e-max

従来のセラミックの3倍の強度を持つセラミックがeーmax(イーマックス)です。e.maxの成分であるニケイ酸リチウム(ガラスセラミックス)はほどよい硬さですり減ったり、噛み合う天然歯を傷めたりすることはありません。天然歯の寿命を延ばし、安全で快適に使用できます。

ゴールド ゴールド

金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られた金色に輝く非常に目を引く詰め物です。金合金や白金加金は錆びにくいため、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの原因となりにくく、適合性も高いという利点があります。

ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッドとはセラミックの粒子とレジン(プラスチック)を混ぜて作られた詰め物です。セラミックよりも素材が柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくい点は利点ですが、色調は少し劣り変色する可能性もあります
CR
(コンポジットレジン)
CR
(コンポジットレジン) レジンとフィラーという成分が混合されて作られた補綴物です。保険診療に適用するため、セラミックよりも安く治療を受けることができます。小さい虫歯であれば銀歯よりもコンポジットレジンのほうが歯を削る量が少なく抑えられます。
金銀パラジウム合金 金銀パラジウム合金

一般的に言われている銀歯です。金銀パラジウム合金は強度に優れており、また保険適用のため、費用を抑えて治療を行えます。ただし、白い歯の中に混じることで目立つ、金属アレルギーになる可能性があるなど、デメリットも多く存在します。

その2:「技工物」へのこだわり

当院では、「素材」と同様にできあがってくる「技工物」の仕上がりについてもこだわっています。作製には工程ごとに丁寧に進め、しっかり時間をかけて行っています。

当院では歯科技工におけるハード面が充実しており、院内技工のファーネスやCADCAM、スキャニングシステムを始めとした設備を完備。寝屋川では唯一となる技工所と同レベルの設備をそろえている歯科医院です。

当院では歯科医師と歯科技工士が連携し、質のよい歯科技工物を作製することにこだわっています。歯科技工士が素晴らしい技工物を作ったとしても、それが患者様の歯型とズレがあってはすべての意味がなくなってしまいます。せっかく治療した歯も簡単に詰め物がとれてしまうことにつながりかねません。当院では、歯科医師と歯科技工士の互いの知識がかみ合ってはじめて質の高い技工物ができると考えています。

その3:「アナログ技術」へのこだわり

歯科におけるデジタル技術は日々進歩しており、当院でも最新機器を積極的に取り入れております。しかし、当院が技術面に関してこだわっているのはデジタル技術だけではありません。昔ながらの歯科技工士による手作業、つまりアナログの技術にもこだわりを持っています。

デジタル技術は日々進化していますが、すべてを機器に委ねることはできません。歯の形や細かな噛み合わせ、色合い、つけ心地やなど患者様の人柄や歯科医師の経験からイメージすることはデジタル技術では再現できず、歯科医技工士の熟練した技術によってのみ成立します。

人のお口の中は千差万別であり、歯は個性があります。デジタル技術はあくまで人の口の中のパターンを記録したデータベースからの提案であり、細やかな対応はまだまだできないので人の手によるアナログの技術は重要なのです。

当院では歯科技工士との連携「ラボコミュニケーション」を大事にし、チェアサイドのご意見を加味しながら、患者様にとって最適な歯科技工物を作製しております。

その4:「CAD/CAM技術」へのこだわり

CAD/CAMは、コンピュータを使って3次元の立体デザインを設計し、精密な物体を構築できるシステムです。歯科医療においては、このシステムが歯の詰 め物やかぶせ物、入れ歯の作製に活用されています。従来は、詰め物などの作製のすべての工程が歯科技工士の手作業で行われていましたが、現在は CAD/CAMの導入によってより正確な設計とより精密な作製を実現。患者様に安心・安全で高品質の歯科技工物をご提供しています。

最新機器「セレック」とは?

セレックは安定した質の歯科技工物をスピーディーに作製できるCAD/CAMシステムであり、支台歯の状態に合わせて適合も調整できる素晴らしい技術です。 また、作製する技工物は金属ではなくセラミックなので審美性に優れているのはもちろん、金属アレルギーなど体への影響も少ない素材を使用している点がメリットです。


セレックの4つのメリット

メリット1   審美歯科治療にかかる時間が短い
従来のセラミック治療では歯型を取り、歯科技工所で詰め物・被せ物を製作していましたが、院内完結のセレックなら1回の通院で修復物のセットが完了。ほとんどの症例において、1時間程度で治療が完了します。
メリット2   見た目が自然で仕上がりが美しい
金属ではなく自然な色合いを持つ高品質なセラミックブロックを使用しているので、自分の歯の色に合わせて被せ物などを作製できます。見た目が非常に美しく、どこを治療したのかわからないほどに自分の歯と馴染んでくれます。
メリット3   高品質で高耐久な技工物が手に入る
規格生産された高品質なセラミックブロックは、審美性だけでなく耐久性の高さも特長です。長年噛み続けても破損や摩耗が起きにくく、ほとんどのケースで15年以上経っても安心して使えます。もちろん金属アレルギーの心配もありません。
メリット4   技工所に依頼しないので安い
歯科技工所に依頼する必要がないのでその分の人件費を抑えることができ、従来のオールセラミック技工物よりもリーズナブルに白い歯を手に入れることができます。スピーディーなだけでなく、経済的負担も抑えられる「患者さんにやさしい治療」です。

セレックは即日での技工物の制作ができますが、当院ではさらに質の高い技工物をご提供するために院内技工で手を加えています。そのため、即日でのご提供はせずにお時間をいただき作製しています。最新機器によるデジタル技術と歯科技工士によるアナログ技術の融合によって質を高めています。