銀歯が気になる~審美歯科~

銀歯は白い歯に替えられます~審美歯科~

以前に虫歯の治療で入れた銀歯。白い歯列の中で目立ってしまうことを気にしていませんか? これまで保険治療で当たり前のように使われてきた銀色の詰め物や被せ物は、機能性や耐久性には優れていますが、見た目に関してはいいとはいえません。

「口元が気になって、話をするときや笑うときに思わず手で隠してしまう」……そんなコンプレックスは審美歯科の銀歯を白いセラミックの人工歯に替える処置によって解消しませんか?

実は銀歯にはこんなデメリットが!

詰め物や被せ物に使用する銀歯や土台部分に使用する金属にはこんなデメリットがあります。


銀歯のデメリット
デメリット01
見た目が不自然です

金属が口の中にあるというのは不自然です。見た目も不自然な銀歯。北欧諸国などの歯科先進国では治療に銀歯は使用しません。

デメリット02
歯と歯ぐきの間に黒いラインが入ることが

土台に金属を使用していると、経年により歯ぐきが後退した際、金属のラインが黒く見えてしまいます。


デメリット03
歯ぐきが黒ずみます

銀歯は唾液によって溶かされることで、経年劣化でイオン化して溶け出すことで歯ぐきを黒ずませてしまうことがあります。

デメリット04
金属アレルギーの心配があります

イオン化して溶け出した金属が体内に吸収されると、肌荒れやかぶれなどの金属アレルギーの症状を起こすことがあります。


見た目と機能性に優れたセラミックがおすすめです

治療のために入れた詰め物や被せ物は長期間使用します。その素材に金属を使うと上記のようなトラブルが発生するかもしれません。そのリスクはできるだけ抑えたいものです。そのため当院では金属を使用しないメタルフリー治療を推奨しています。人体にやさしく美しいセラミック素材による治療がおすすめです。

セラミック治療のメリット
メリット01
自然な見た目です

セラミックには天然歯のような透明感があり、残っている歯と色調を合わせることができます。

メリット02
病気のリスクを抑えられます

セラミックにはプラークなどの汚れが付着しにくいので、虫歯や歯周病のリスクを抑えることができます。


メリット03
金属アレルギーの心配がありません

金属を使用しないオールセラミック素材ならアレルギーの心配がありません。

メリット04
歯ぐきが黒ずみません

オールセラミック素材なら歯ぐきの黒ずみの心配もありません。


メリット05
耐久性があります

セラミックは人体にやさしい素材で、耐久性があり長持ちします。


保険適応外料金表

治療項目 金額
インレータイプ ¥28,000~(税別)
クラウンタイプ ¥48,000~(税別)
CAD/CAM冠(セラミック80%) 保険適用

院長からのアドバイス

現在の審美歯科の技術であれば、とても人工物と思えないような自然な仕上がりが期待できます。ただ歯が白いことが美しいのではなく、自然で健康的な状態こそが美しいといえます。洋服・ヘアースタイルを決めるようにお好みを聞いて楽しく提案します。また、平成26年4月より小臼歯(上下の犬歯から1番目、2番目まで)を保険診療でセラミックの白い歯に替えられるようになりました。銀歯が目立つことにお悩みの方は、見えるところから始めてみては?

当院審美歯科へのこだわりをご紹介いたします

高品質の審美歯科の材料を扱い院内ラボ(歯科技工所)で人工歯を作製します 審美歯科のことは西岡歯科クリニックにご相談ください 電話番号:072-821-0111