自分に合う入れ歯がほしい~入れ歯~

自分に合った入れ歯で咬めるように~入れ歯~

事故や病気などさまざまな理由で歯を失うことがあります。その際の治療法はおもに3つ。それは、となりの歯を削り土台にして橋のように連なった人工歯を装着するブリッジ治療、人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラント治療、そして歴史が古くポピュラーな入れ歯治療です。どの治療を選択するにしても早め行うことが大切です。もし、歯を失ってしまったまま放置することでさまざまなリスクが高まってしまいます。

歯が抜けてしまったまま放置するとその部分にとなりの歯や咬み合う歯が動いてきます。歯が倒れたり伸びたりするのでお口全体の歯並びや咬み合わせを乱してしまうのです。口腔内のバランスが乱れることにより虫歯や歯周病にかかりやすくなり、咀嚼(そしゃく)がうまくいかず消化器官に負担をかけます。また、あまり咬まないことでお口の自浄作用のある唾液の分泌が不十分になり、また咬むことによる脳への刺激も減少します。

お口のなかの健康を保つためにも、歯を失った場合はなるべく早く治療しましょう。こちらではその治療方法のひとつ、入れ歯治療についてご説明します。

入れ歯という選択肢

入れ歯は比較的手軽に失った歯の機能を回復できるために、多くの方が選択するポピュラーな治療法です。ただ入れ歯のイメージは「よく咬めない」「不自然で目立つ」「外れやすい」とあまりよくないかもしれません。しかし、現在では入れ歯の作製方法が向上し、新しい素材も開発されていますので、快適に使用できる入れ歯を作ることも可能です。


入れ歯のメリット・デメリット
メリット
  • 比較的短期間で治療ができます
  • 外科手術などが不要で比較的簡単な治療で済みます
  • 限定素材を使用することで健康保険が適用できます
デメリット
  • 床(粘膜を覆う部分)が大きいので装着時に違和感があります
  • 硬い物が食べにくく、咬み心地もあまりよくありません
  • 顎の骨が痩せてしまうことがあります
  • 見た目があまりよくありません
  • 発音が阻害されやすく、食感や食べ物の温度などによる味覚が損なわれることがあります

保険の入れ歯のメリットとデメリット

健康保険証を提示することで保険を適用できるため、安く作製することができるのが保険の入れ歯の最大のメリットだといえます。以下では保険の入れ歯のその他のメリット・デメリットをご紹介します。

  保険の入れ歯
メリット ・比較的安価です
・修理が比較的簡単にできます
・治療回数が少なめです
デメリット ・見た目があまりよくありません
・厚みが出るので違和感があります
・食べ物の熱が伝わりにくいので、おいしく食べられないことがあります

保険適応外料金について

症例によって異なります。

院長からのアドバイス

入れ歯はお口の中のお肉に接着させますよね?お口の中のお肉は変化率が高いので日々変化しています。そのため、入れ歯もその変化に合わせてメインテナンスを行うことが大切です。また、入れ歯を作る際には、材料で選ぶよりもお口の形に合うこと、違和感なく快適に咬めることを重視した方がいいでしょう。

あなたに合った入れ歯をご提案します「合わない」「痛い」「咬めない」入れ歯でお悩みでしたら西岡歯科クリニックにご相談ください 電話番号:072-821-0111