子供の歯が心配~小児歯科・小児矯正~

お子様の歯を虫歯から守る~小児歯科~

虫歯は多くの方がかかる病気です。虫歯治療の経験をお持ちの親御様も多いと思います。経験者だからこそ、かわいいお子様は虫歯から守ってあげたいとお思いのはずです。小さなお子様は自分では虫歯予防をきちんと行えないので、お口の変化にも気がつきません。お子様のお口の健康を守ることができるのは親御様なのです。

寝屋川市の歯医者「西岡歯科クリニック」では、乳歯の生えたばかりの赤ちゃんから永久歯に生え替わる頃までのお子様のお口の健康を守るための定期検診や虫歯予防・治療を行う小児歯科や歯並びを整えるための小児矯正に力を入れています。親御様と一緒にお子様のお口の健康をサポートいたします。

虫歯は感染してしまう!?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌が存在しないのをご存じでしょうか? 虫歯菌は生活をしていくうちに身近な大人から感染するといわれています。食べ物を口うつししたり、スプーンやお箸・食器を共有したりすることで、唾液を介してお子様に感染するのです。

お子様に虫歯菌をうつさないようにするためにできること

まず親御様の歯を健康に保つことから!

お子様に虫歯菌をできるだけうつさないようにするために大切なもうひとつのこと。それは、

~周囲の大人が虫歯治療を受け、お口の中の虫歯菌を減らし、お口の健康を守ること~

虫歯菌の感染をある程度遅らせると、将来かかる虫歯の本数が少ないという傾向があります。

お子様と一緒に過ごす時間が一番長いのはお母様です。妊娠中から定期検診を受け、お口の健康を守りましょう。ほかにも、お父様だけでなくおじいさんもおばあさんも家族皆様でお口を健やかに保つことをおすすめします。


お子様を虫歯にさせない3つのポイント

だらだら食べさせないようにしましょう 糖分の取り過ぎに注意しましょう 食べたらお口をさっぱりさせる習慣をつけましょう
食べ続けることでお口の中が汚れた状態が続いてしまうと虫歯になりやすくなります。食事やおやつは時間を決め、規則正しく摂るようにしましょう。 糖分は虫歯菌のエサになります。糖分の取り過ぎに注意し、キシリトールなどのシュガーレスのおやつも活用しましょう。甘いジュースをお茶にするのも一案です。 食後はブラッシングの習慣をつけましょう。口をゆすぐだけでも虫歯予防の効果が期待できます。「食べたらお口をさっぱりさせる」……子供のうちから習慣にしましょう。
PICK UP! 親御様に気をつけてほしい5つのポイント

大人でも歯科医院への通院が苦手な方はたくさんいます。歯医者への足が遠のくと早期の治療ができなくなり、虫歯や歯周病を悪化させてしまうことがあります。もしお子様が歯医者に悪いイメージを持ってしまうと大変です。通院にてこずり、予防処置もできず、お口の健康を損ねてしまいかねません。そうならないようにするため、日々の言動や行動で注意していただきたいポイントをご紹介します。

POINT01

「悪い子は歯医者に連れて行くよ」などと、歯医者さんを脅し文句に使わないようにしましょう。歯医者さんに悪いイメージを持ってしまいます。

POINT02

歯医者さんに行くことをしっかり伝えましょう。何の説明もなしに連れて行くとぐずったり、だだをこねたりしがちです。お子様にも心の準備が必要なことを意識しましょう。

POINT03

眠くなる時間帯や空腹の時間帯を避け、お子様が比較的機嫌のよいときを見計らって歯科医院への予約をしましょう。

POINT04

親御様の緊張はお子様に伝わります。来院時はまず親御様がリラックスして、笑顔になりましょう。

POINT05

治療を受けられたことを大袈裟なくらいほめてあげましょう。反対に、泣き叫んだりして治療ができなかったときでも叱らずに、次回につながるように励ましてあげましょう。

お子様の歯並びが気になるなら~小児矯正~

子供の頃からの矯正治療

子供の頃からの矯正治療

歯並びが乱れる原因は、ほとんどの場合、歯が生えるスペースが足りないことです。子供の歯、乳歯が永久歯に生え替わる時期に歯が生えるスペースが確保できていれば、歯並びは比較的簡単に整えることができます。子供は成長期にあります。子供の頃から矯正治療を始めると、その成長を活用でき、顎の広さを確保するとともに顎の正しい成長を促すこと可能です。


小児矯正のメリット・デメリット
メリット
  • 顎の広さを確保できるので将来、永久歯がきれいに並びます
  • 乳歯の時期から歯並びをコントロールするので咬み合わせをよい状態に導くことができます
  • バランスのよい正しい顎の成長を促すことが可能です
  • 生え替わりの時期や悪い咬み合わせによって起こる歯や顎への負担を軽減できます
  • 抜歯や外科手術の可能性を減らせます
  • 本格的な矯正治療に入ったときの治療期間を短めにできます
  • 歯並びが悪いとからかわれたり、いじめられたりすることがありますが、早期に改善してれば、歯並びがコンプレックスになりません
デメリット
  • 治療期間と経過観察を含めると治療に要する期間が長めになります
  • 顎の成長に合わせて矯正するので、一時的に歯並びが悪くなることがあります
  • 受け口の場合には、大人になってからの再度の矯正治療が必要になることがあります
  • ブラッシングなどの毎日のケアを怠ると虫歯になってしまうことがあります
  • 取り外しができるタイプの矯正装置を使う場合、きちんと装着しないとよい結果が得られません
  • 歯の根が溶けてしまう「歯根吸収」が起こることがあります

PICK UP! 注意すべきお子様の「クセ」とは?

お子様のお口の健康を守るうえで、親御様に気を付けていただきたいのは虫歯だけではありません。小さい子供が無意識のうちに繰り返している「クセ」が原因となり、歯並びや咬み合わせの乱れを招いてしまう可能性がありますので、以下のようなクセがある場合は早めにやめさせてあげましょう。

CASE01 指をしゃぶる

指をしゃぶっていると、前歯が引っ張り出されて「出っ歯」になる恐れがあります。指だけでなく、おしゃぶりやえんぴつなどの「モノ」も同じように歯並びを悪くさせる原因になります。小学生になる前にやめさせてあげましょう。

CASE02 舌を出す

舌を前歯の裏側に強く押し付けるクセや舌を出すクセがある場合は、開咬(奥歯を咬み合せた際に前歯が閉じない状態)や出っ歯、受け口といった乱れを招く可能性が高まります。舌を出すクセは、口呼吸が要因であるケースもあります。

CASE03 丸呑みする

食べ物をしっかり咬むことは栄養を効率的に吸収できるだけでなく、正しい骨格(顎)の成長にもつながります。よく咬まないで丸呑みしてしまうと顎の骨が十分に発達せず、歯が生えるスペースが不足して歯並びが乱れる原因になります。

CASE04 口呼吸する

鼻呼吸ではなく口呼吸が多くなると、口腔内が乾燥しやすくなり、細菌の繁殖リスクが高くなって虫歯を招いてしまうことにつながります。また、顎の骨や筋肉が十分に発達しないと、それが原因で歯並びが乱れてしまうこともあります。

保険適応外料金について

症例によって異なります。

院長からのアドバイス

今の時代パスタやハンバーグなどあまり咬むことなく食べられる食べ物が多くなっています。食べやすく好きなお子様も多いのですが、しっかり咬むことが少ないと歯並びが悪くなってしまいます。成長期のお子様には、柔らかいものだけでなく硬いものを積極的に食べさせるようにしましょう。また、子供の歯の生え替わりは虫歯をチェックする最大のチャンスです!歯が抜けることで両隣の歯が見やすくなり、もし虫歯があっても今後生えてくる歯を削る事なく綺麗に治療することができます。親御様は入念にお子様の歯をチェックしてあげてください。

大切なお子様のお口の健康を守ることができるのは親御様です 西岡歯科医院では親御様と一緒にお子様のお口の健康をサポート 小児歯科・小児矯正のことはご相談ください 電話番号:072-821-0111