歯が痛い~一般歯科・根管治療~

歯の痛みはすぐに治しましょう~一般歯科・根管治療~

虫歯とは、歯に付着するプラーク(歯垢)に潜む虫歯菌(おもにミュータンス菌)が食べかすなどに含まれる糖分を分解して「酸」を出し、この「酸」によって歯が溶かされてしまう病気です。ごく初期の虫歯は痛みなどの自覚症状を伴いませんが、進行していくと「しみる」「痛い」といった症状を感じるようになります。ここまで進行してしまった虫歯は、自然には治りません。放っておくとどんどん進行しますので、早めに歯科医院に行って治療することが大切です。気になる症状がある方は、寝屋川市の歯医者「西岡歯科クリニック」へお越しください。


虫歯は放置してはいけません!

痛い虫歯。しかし放っておくと一時的に痛みが引くことがあります。ここで勝手に「治った」と判断してさらに放っておくと、ふたたび激しく痛み出します。痛みが一時的に引くのは歯の中の神経が虫歯菌に侵食されて死んでしまったから。それでもなお治療を怠ると、今度は歯根の先にまで膿がたまり、さらに痛むのです。ここまで虫歯を悪化させてしまうと、次のようなリスクを負うことになります。


虫歯の進行状況を知って適切な治療方法を

虫歯は進行するとその治療も複雑になります。そのため早期発見・早期治療を行うことが大切です。こちらでは虫歯の進行段階とその主な治療法をご紹介します。

進行段階 症状 おもな治療法
【C0】ごく初期の虫歯 歯の表面の硬いエナメル質がわずかに溶かされ白濁する程度の虫歯です。「脱灰」ともいいます。まだ痛みなどの自覚症状は現れません。 適切なブラッシングやフッ素塗布によって歯の「再石灰化」を促すことで治癒が期待できます。
【C1】エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶かされ茶色や黒い部分が現れます。冷たい物がしみることがありますが、痛みはまだありません。 虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰める治療をします。
【C2】象牙質の虫歯 エナメル質の内側の象牙質にまでおよんだ段階です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、痛みも感じるようになります。 虫歯になった部分を削り、詰め物(インレー)で削った部分を補います。
【C3】神経に達した虫歯 象牙質の内側の歯の神経にまで達した状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 虫歯菌に汚染された神経を取り除く根管治療を行い、その上に被せ物(クラウン)を装着します。
【C4】歯根にまで達した虫歯 歯の大部分が溶かされた状態です。神経が死んでしまっているのでいったん痛みはなくなりますが、歯根の先に病巣が進むとふたたび激しく痛みます。 ほとんどの場合、抜歯が必要です。抜歯後はインプラント治療入れ歯治療などにより、失った歯の機能の回復を図ります。

重度の虫歯は歯の根から治します!

神経にまで達してしまった重度の虫歯は、そのまま放置すると抜歯を余儀なくされてしまいます。そうした歯を失ってしまうリスクがある場合に行うのが根管治療です。根管治療は一般的に歯の神経を抜く処置で、歯の中の神経の入っている細い管(根管)の中から虫歯に汚染された神経や血管などの組織を除去し、洗浄・消毒してからそこにふたたび虫歯菌などが入らないように薬剤をすき間なく詰める治療法です。

根管治療を行うと歯の根を残すことができます。しかし、抜歯を行うとそのとなりの歯が傾いてきたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりと歯並びや咬み合わせに悪影響をおよぼすことがあります。また歯を支える顎の骨が吸収してしまうこともあるのです。根管治療はこのようなリスクを避けるために重要な治療です。


根管はとても細く入り組んでいます。そのうえ根管治療では徹底的な洗浄と消毒が必要です。もし虫歯菌が根管に残ってしまっているとふたたび虫歯にかかり、今度こそ抜歯をせざるを得なくなってしまうかもしれません。

そういった危険性を回避するためにも根管治療は正確に丁寧に行わなければなりません。寝屋川市の歯医者「西岡歯科クリニック」では、必要に応じて歯科用CTなどを使用して精密な治療を行っています。「虫歯かな?」と気になる症状がありましたら、寝屋川市の「西岡歯科クリニック」へお早めにご相談ください。


院長からのアドバイス

神経を残すことが非常に重要だと考えており、虫歯に関してはなるべく削らない治療をおすすめしています。症状が悪化した場合は根管治療を行っていますが、歯の根を治療することは家を建てる基礎のようなものです。そのため、慎重に丁寧な治療を行っています。皆様も根気強く治療を続け、いっしょにお口の基礎作りを行いましょう。

PICK UP! 治療を中断することのデメリットとリスク

虫歯や歯周病を治療するために歯医者に通いはじめたものの、「忙しくなった」「もう大丈夫だと思った」といった理由で完治しないまま通院をやめてしまう――。そんな方が、増えています。しかし、自己判断によって治療を中断してしまうのはとても危険なのでやめましょう。

CASE01  歯の神経を取った段階で中断してしまう

神経を抜いた歯をそのまま放置してしまうと、虫歯が発症・悪化しやすくなります。神経を抜いた歯は痛みを感じなくなるため、進行しているのに気づけないという状態になりがちです。

CASE02  被せ物の型を採った段階で中断してしまう

お口の中の状態は日々変化するため、時間が経てば経つほど被せ物が適合しなくなってしまいます。つくり直しには追加で費用がかかりますし、合わない被せ物は虫歯を招く原因に。

CASE03  仮歯の状態で中断してしまう

仮歯は文字通り「仮の歯」なので、そもそも長期的な使用を前提にしたものではありません。そのため次第にすり減ってしまい、虫歯や咬み合わせの乱れを招いてしまいます。

CASE04  虫歯の部分に薬を詰めた段階で中断してしまう

薬剤には鎮静効果があるため、根管治療で患部に薬を詰めると、あたかも治ったような気になるかもしれません。しかし歯の内部は無防備なので、すぐに虫歯が再発してしまいます。

CASE05  応急処置をしたあとで中断してしまう

応急処置で痛みや腫れなどの症状がなくなったとしても、根本的な原因が取り除かれたわけではないので要注意。応急処置はあくまで対症療法であるということを覚えておきましょう。

CASE06  抜歯と診断された歯を放置してしまう

親知らずや重度の虫歯で抜歯と診断された歯は、そのままにしておくと激痛を招いたり咬み合わせを乱したりする原因になります。そうしたトラブルは、お口だけでなく全身に悪影響をおよぼすこともあります。

院長からのアドバイス

「忙しくなった」「もう大丈夫だと思った」という理由で自分を納得させ、個人的な判断で治療を中断してしまう方は、4人に1人以上いると言われています。しかし、治療を途中でやめてしまうと、せっかく続けてきた治療が最初からやり直しになり、その間に症状が悪化して大切な歯を失ってしまうリスクも高くなります。もちろん患者様それぞれにご事情はあると思いますが、できるだけこういったケースは避けなければなりません。治療を途中でやめてしまった場合、気まずさなどもあって歯医者に行きづらくなってしまうこともあるでしょう。しかし別の病院にかかり直せば、あなたのお口のことを何も知らない歯科医師や衛生士と一からやり取りをはじめなければならなくなります。同じ医院で治療を再開すれば、検査や治療のデータを活用できるので、無駄なく正しい治療を受けられます。どうしても「気まずさ」はあると思いますが、皆様の健康最優先でお考えください。

虫歯は早期発見・早期治療が大切です「歯が痛い」「冷たい物がしみる」そんなときはお早めに西岡歯科クリニックにご相談ください 電話番号:072-821-0111